シンガポールで軍事航空機が低空飛行している理由が分かったよ

Pocket

こんにちは、今日も快晴!いい天気!おいわです。

我が家は、中央区に立地していて、
近くの建設中タワーの工事の音、車が行き交いう音、たまのクラクション音など
街の物音は常に聞こえています。

シンガポールに来て2週間が経った、6月上旬ある平日の昼下がりのことです。

”バリバリバリバリバリっーーーー!!!!!ブヲーーーーーー!!!”

けたたましく、明らかに一大事であろう超騒音が聞こえてきました。

「なにか事件が起きて、ヘリコプターから撮影でもしてるのかな???」

なんて空を見ると、、、

軍事用航空機ーーーーー!!!!!
しかもめちゃ近いーーーーーー!!!!!

ビルにぶつかるよ!!!なんなら突撃される!!!!!
911再来か!!私はもう死ぬのか!?

一人でパニックだが、とりあえず開けていた窓を全部締めて、カーテンも締める。
意味あるかわからないが、部屋の電気を消す。(居留守を図ろうとしたw)
窓から離れて、ししまる(猫)を抱きしめる。ししまる(猫)も怖がってるからね。

しばらくすると、航空機はいなくなりました。

「え・・・。戦争始まったのかな・・・?」

そういえば、我が家では日本のTV番組を見ていますが、現地のTV番組の視聴方法がわかりません。
現地の重要情報キャッチできないじゃん!!!!

早速ウェブニュース、Twitterで検索。
しかし、それらしい記事はなにも見つからない。ニュース遅いのかな。。。

不安に思いながらも、世の中は何事もないようだし、
帰宅した松本(夫)に聞いてもわからないって言われてしまい、
情報不足にモヤモヤ。

それから、週1程度の頻度で軍事用航空機は家の近くを飛行するようになり、怯えておりました。

悩み解決。軍事用航空機と花火は関係があった

飛行機を気にしだしてから2週間後、松本(夫)の会社の上司(女性)がランチに誘ってくださり、私の慣れないシンガポールの生活を気にしてくださいました。
お話の中で、この軍事用航空機の謎の答えがありました・・・!

上司 「あのへんの住まいだと、夜花火とか見れない??」

おいわ 「そういえば!土日によく花火上げてますねー。シンガポール景気良いですね。」←今思えばバカ発言w

上司 「あれね、ナショナル・デーっていって、毎年、建国記念日にセレモニーやるのよ。それで夜に花火あげるから、その練習を何度も何度も念入りにしているの。そんなに練習しなくてもいいのにね。
あと、ナショナル・デーでは軍事用航空機ショーも人気なのよ。」

あー!!!なるほど・・・!軍事用航空機ショーの練習なのか・・・!

まじで念入り、気合い入りすぎ!
ナショナル・デーは8月9日ですから、
少なくとも2ヶ月前から、花火の打ち上げやショーの練習開始しているんですね。

花火は嬉しいんだけど、飛行機はまじでうるさいし、あぶないからやめてくれ。
失敗しないでくれよ・・・

と切に願うおいわでした。

Pocket

シンガポールでのペットシッターの見つけ方【まとめ・体験談】

Pocket

今日も力があまる、おいわですー。

シンガポールに来て2ヶ月、早くも一時帰国をすることになりました。
なぜなら、やっぱりTIFに行きたいから!!
※TIF:Tokyo Idol Festival 毎夏お台場で行われる、日本いや世界最大級のアイドルフェス

去年のTIFで最悪なサイリウム投げを見て、もう一生来ないぜスマイルガーデン。と思っていたけど、
やっぱり夏のワクワク感を抑えきれず、さらに少しのホームシックも重なり、松本(夫)とふたり一時帰国することにしました。

松本(夫)のほうが日本滞在期間が短く、2泊3日のスケジュールなので、
2日間、ししまる(猫)のお世話役をしてくれる人が必要です。

日本にいたときは身内にシッターをしてもらっていて、
1日2回、トイレとごはんのお世話を命じていました。

しかし、ここシンガポールではお世話役を引き受けてくれる身内はいないので、
ペットシッターを探す事に!
メイドさん文化があるこの国ではシッターも見つけやすいとか。

猫向けペットシッターの探し方

いつものように情報収集はブラウザ。みつけた駐妻ブログを参考に片っ端から問い合わせをしました。

エントリー1:日本のペットサロンのシンガポール支店

おお!日本の会社だし、電話も日本語でOK!ええやーん!
Sopra銀座シンガポール

Sopra at Singapore
Sopra@Singapore

2014年のブログでは猫のための訪問お世話はじめたって書いているけど、
= ^・・^ =ネコちゃんのペットシッター始めました= ^・・^ = 2014年4月10日

でも、本サイトに猫のための訪問お世話っていうサービス載ってないんだけど・・・。

とりあえず電話しよう!

*
*
*
*

・・・いまやってません、て言われたー(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
わずか2秒での撃沈。

エントリー2:個人でやってるみたいな日本人シッターさん

サイト見る限り、日本人からの信頼あつそう!
Japanese Pet Nanny

screenshot_japanese_pet_nanny

シンガポールお仕事白書 file42 ペットシッター|マンゴスティン倶楽部
あのマンゴスティン倶楽部で取材されてるし、格式あるね。

ぜひこの方にししまるシッターをしてほしい!
早速HPからお問い合わせを送ったら、2時間後にはメールでお返事が来ました。
仕事がはやい!!

*
*
*

・・・今夏は予約受け付け終了したそう゚(;´д`)
まだ7月始まったばかりだし、1ヶ月後の予定なんだけど、もう終了したんか!

他にインターネット上で日本人のペットシッター見つけられなかったから、
日本人向けにはすごい専売特許だし、
仕事も丁寧そうだしさぞかし人気なんだろうなー。

ということで、日本人シッターは諦めます。

エントリー3:pawshakeっていう画期的なサービス

screenshot_powshake

powshakeというペットシッターのマッチングサービスを見つけました。

シンガポールでは20人以上のシッター候補者がリストアップされました。
価格は人によってまちまちですが、1日1回訪問でSGD30〜50(2400〜4000円)くらいで、
powshakeの利用料も含まれています。

猫以外にも、犬のしつけ・お散歩代行のプランとか、
他のペットの訪問お世話をするシッターさんも登録しているようです。

アメリカから始まったサービスで、世界的に展開されてて一応日本語版もあるみたい。
(前職の癖で、気になったウェブサービスは運営している企業情報をすぐチェック)

でも東京23区内では、まだシッター登録者が2〜3人しかいないので、そりゃ知らないわけですね。
おいわ日本にいたら、シッターしたかったなー。

さて、利用の流れとしては、シッター候補さんにお問い合わせをして、
まずは無料の打ち合わせをして、ペットとの相性を見てから正式発注をするということ。

おいわは、まず1人のシッターさんに問い合わせたのですが、
なかなか予定が合わなくてメッセージの返事来なくなっちゃっいました。
別にいいよ、メッセージ無視されるの慣れてるもんね。

気を取り直し、他のシッター2人に問い合わせしました。
powshakeとしても、複数のシッターに同時に問い合わせをすることが推奨されています。
すると、それぞれ翌日・翌々日に打ち合わせの設定ができました。

これで2人に会ってみて、どちらかに依頼ができそうです。

エントリー4:ベビーシッターにペットシッターをしてもらう

今回はpowshakeで見つかりそうだから、問い合わせしていませんが、
ベビーシッターだけど、動物お世話もお願いできそうな所がありましたので、載せておきます。

ベビーママ

まだ問い合わせしてないから、どんな感じかわからないですが、
人間の子供を任せられるんだから、猫のお世話は朝飯前でしょう。

シンガポールではペットシッター探しは容易だ

日本では考えても見なかった猫のお世話代行ですが、
シンガポールではさまざまな問い合わせ先があるようです。

なにより今はpowshakeとの出会いに感動しています。
これでいいシッターさん見つけたらリピートしてお願いしたくなるわ。

Pocket